四国のUIターン応援サイト SWITCH SHIKOKU

川之江信用金庫

イメージ:川之江信用金庫
企業名 川之江信用金庫
本社住所 〒799-0101 愛媛県四国中央市川之江町1706-1
業種 金融・証券・保険
設立 1948年 11月
代表者 理事長 日浦 博基
出資金 211百万円(2020年 3月実績)
預金高 83,951百万円(2020年 9月実績)
従業員数 76名(2021年 1月実績)
平均年齢 39.2歳(2020年 3月実績)
事業所 本部・南支店(四国中央市金生町下分)
本店営業部(四国中央市川之江町)
上分支店(四国中央市上分町)
三島支店(四国中央市中曽根町)
東支店(四国中央市川之江町)
西支店(四国中央市中曽根町)
平均勤続年数 10.3年(2019年度実績)
SDGs宣言を行いました 川之江信用金庫では、2015年9月の国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」が目指す取り組みに賛同し、令和2年5月1日にSDGs宣言を表明しました。「地域の皆様とともに、地域社会の発展に貢献する」という経営理念のもと、金融業務を通じて、企業の方々の事業の発展や地域の皆様の豊かな生活実現に努め、地域社会の繁栄に向けて貢献しております。また、金融サービスの提供にとどまらず、環境や教育をはじめとする課題解決にも積極的に取り組んでおります。
四国中央市を中心とした地域貢献のカタチ 当金庫は創業以来、「相互扶助:お互いに助け合い、お互いに発展していくこと」の共通理念を忠実に守り、地域社会を金融面からひとつに結ぶ「環」としての役割を果たすべく努めています。金融機能の提供はもとより、地域ふれあい行事の実施、伝統行事等の文化・芸術、環境、スポーツといった分野においても、地域社会の活性化・持続的発展のために、広く貢献できるよう努力しています。
あたたかい職場環境 「かわしん」は、お客様とのこころのふれあいから、地域に根付いた業務を行っています。そのため、当金庫職員の大半は、四国中央市に縁のある職員が多く在籍しています。
そのため、職場では、お互いを助けあい、チームワークを大切にし、業務を進めています。先輩職員たちに、あたたかく見守られながら、個々と向き合うことで、自分自身を成長できる職場環境です。
さまざまな世代との地域交流の場を積極的にサポート 当金庫では、毎年地域の皆様と積極的な交流の場を設け、「地域ふれあい行事」として、様々なイベントの開催やサポートを行い、地域を盛り上げる活動を行っております。地域ふれあい行事の際には、キャラクターが付いたジャンパーや帽子、ハッピを着用して活動し、「かわしん」をアピールしています。

四国中央市を基盤とし、個人または中小企業のお客様に向けて金融サービスを提供、地元の発展に貢献しています。
また、信用金庫法に基づき
(1)預金・定期積金の受入
(2)資金貸付及び手形割引
(3)為替取引
(4)国債・地方債・政府保証債等の取扱
(5)各種公金取扱及びこれらに付帯する業務等を行っております。

企業PR

■経営理念
「地域の皆様とともに、地域社会の発展に貢献する」 

■強み
愛媛県四国中央市に6店舗ある金融機関で、70年以上四国中央市で地域の皆様の発展に努めるため、預金・融資を中心とした業務に特化し、「身近さ」「親しみやすさ」といった特性を活かし、地域に根付いたお客様一人ひとりに合った金融サービスを行っています。また、職員の転居を伴う異動がなく、若いうちから将来に向けて「備え」と「蓄える考え」を持つように人財育成にも力を入れています。

先輩からのメッセージ

【南支店 塩田 徹夫(2012年入社)】

■どこの県からUターン?≫島根県

とにかく地元が好きで、自分が生まれ育った四国中央市のために何か貢献できないかと考えていた時に、川之江信用金庫と出会い、地域に根差した営業活動や信用金庫主催の地域イベント等を行っているところに魅力を感じ、大学は県外でしたが最終的には地元にUターンという形で、川之江信用金庫を選びました。
就職活動中の皆さん、地元が好きで、地元に帰って就職を考えている方は、ぜひ、地域貢献できる仕事にチャレンジしてみてください。できれば川之江信用金庫を選んでもらって、地域のために一緒に仕事ができればと思っています。

採用担当者からのメッセージ

【総務部 副部長 村上 晃一】
みなさん、はじめまして。当金庫では、愛媛県四国中央市を中心に、金融面から地域を支えるため日々業務を行っています。今回、金融を通じて「地域貢献がしたい」方と一緒にお仕事ができればと思い採用募集を行います。みなさんが学校で学んできたことを十分活かし、アピールしていただけたらと考えています。地元にUターンしてお仕事を探したい方、まずは、会社の雰囲気やお仕事内容等体験していただき、就職先の1つとして検討してもらえたらと考えております。「明るく」、「元気で」、「地元愛溢れる方」の応募お待ちしております。