株式会社カナン・ジオリサーチ

株式会社カナン・ジオリサーチ
企業名 株式会社カナン・ジオリサーチ
本社住所 〒791-1106 愛媛県松山市今在家2-1-4
電話番号 089-993-6711
業種 建設・設備工事・設計
設立 平成5年7月
代表者 篠原 潤
資本金 1000万円
従業員数 34名
事業所 福岡支店 〒812-0894 福岡県福岡市博多区諸岡3丁目20-25
東京支店 〒121-0074 東京都足立区西加平2丁目3-10 (2016年6月開設)
関連会社 愛媛インフラマネージメント株式会社
TOPメッセージ 当社は、平成5年以来20年以上に亘り、物理探査という地質調査方法を用いてあらゆる地下の状況を可視化してきました。
物理探査とは地中レーダ探査に代表される技術で、地震波や電気比抵抗、電磁波、超音波等に対する地盤の物理的性質を利用して、地下の状況を非破壊で間接的に広い範囲を探る調査です。
近年では、道路、トンネル、橋梁、港湾施設など社会インフラの老朽化に伴い、それらの施設構造物の調査・診断業務が増加しています。また、地震や異常気象、老朽化により地中・構造物異常が急増しており、コンクリート内部の劣化状況や道路路面下の空洞調査などを調査・診断する業務も併せて増加しています。これも弊社が得意とする物理探査技術を生かす重要な業務分野です。
現在、当社が最も注力しているのが、自社開発した3次元地中レーダモバイルマッピングシステム(GMS3)です。GMS3は時速60kmで走行しながら、地下2mまでと地上15mの範囲を同時に連続3次元化する探査車で、路面空洞化調査や橋梁床版腐食調査、地下埋設物調査等の調査で最新鋭技術として貢献しています。
当社は長年培ってきた物理探査技術と最新鋭の探査機材を駆使し、こらからも様々なニーズに応えつつ、社会の発展に貢献していきます。
所属団体 地盤工学会 四国支部
愛媛県技術士会
愛媛県中小企業家同友会
弾性波診断技術協会
物理探査学会
地下水利用技術センター
採用実績校 愛媛大学(理工学部、工学部、理学部、文学部) 松山大学(経営学部) 
福岡大学(法学部、理学部) 広島大学(理学部) 北海道大学(工学研究科) 
愛媛電子ビジネス専門学校 など
資格保有者 技術士(応用理学部門)  1名
技術士(資源工学部門)  1名
技術士(建設部門)  1名
一級土木施工管理技士    4名
技術士補(応用理学部門)  4名
地質調査技士     5名
測量士          3名
港湾海洋調査士   1名
火薬類保安責任者   3名
第二種電気工事士   1名

・地質調査
・物理探査
・非破壊検査
・測量全般(海域、陸域)
・インフラ点検(トンネル、橋梁、港湾、漁港、道路など)
・地中3次元レーダ(地下空洞、地下埋設物、橋梁床版診断、道路構造など)
・移動式3次元計測(3次元マッピング、オルソ画像)

企業PR

先輩からのメッセージ

【保全技術課 沖野 敦】

私は、大学在学中に研究職員として大学に来られていた、カナン地質グループの篠原社長に出会いました。
私は大学卒業後、全く違う業種に就職しましたが、転職をしようと思っていた矢先に、共通の知り合いがきっかけで、また社長と出会い、カナン地質グループへ入社しました。
会社の雰囲気は、とても明るく・どんなことでも相談しあえる関係を築いていると思います。
ただ、繁忙期になると少しピリッとした空気にはなりますが、持ち前の明るさと若い社員が楽しそうに仕事をしているのを見て、こちらも頑張らないといけないと考えさせられることもあります。また、会社自体保全課と地盤課とフロアが分かれていますが、一つ一つの作業については、すべての課で協力しながら仕事をしないと最高の結果につながらないので、しっかりとコミュニケーションを取って仕事を進めています。

これまで私自身とても苦しい時期を過ごしたこともありました。
そんなとき、先輩や上司から優しくサポートしてもらい、苦しい時期を乗り越えることができました。今後、今いる社員にとっても私のように悩むときがくるかもしれませんが、しっかり仲間とともに壁を乗り越えてもらい、どこででも幅広く活躍できる人材を育てていきたいと思います。

採用担当者からのメッセージ

高度経済成長時代に整備されたインフラの老朽化やトンネル事故の影響などを受けて、インフラの点検・補修の重要性が高まっています。このような背景から弊社への調査依頼も今まで以上に増加し、今まで以上に高い技術力をもち、最先端の調査機材を使いこなせる人材が必要とされています。
 私たちの仕事は一人では完結しません。若い社員も多く在籍していますが、お父さんほど年の離れた社員も在籍しています。幅広い年齢層の社員がいる中で、すべての社員がそれぞれに刺激を受けながら和気藹々と高い技術を志し、社員・取引先からすべての人が関わりあって一丸となり仕事にあたっています。その中で自分で物事を把握して、考えて発信していける人を募集しています。
 また、全国規模で仕事があるため、出張も多いですが社員からは社会貢献度の高い仕事にやりがいを感じているという声を聞いています。、そういった点も含めて弊社の仕事に魅力を感じる方と、ぜひ一緒に働いていきたいと考えています。
 研修制度についてはしっかりとマンツーマンで若手社員に分かるまで技術について教えていますが、OJT中心のため未整備な部分もあるということは実感しています。今は環境を少しずつ整え、新入社員のやる気が自身の技術力に無駄なく反映できるよう、自身が目標を設定し具体的な行動に移せるような環境など研修制度の充実を目指しています。

 今まで学生生活で培ってきたものを存分に社会で役立てていきませんか?
社会にでたらみんな良い意味でまた0からのスタートになります。
素直で考えることができ、発信できる人がどこの企業に行っても歓迎されると思います。
就職活動は大変だと思いますが、沢山ある企業の中から弊社を見つけていただいたのは、何かのご縁だと思います。
一緒に安全な社会環境維持に尽力してみませんか?あなたの応募お待ちしております。

【保全技術課 係長 玉置 慎介】