山陽物産株式会社

山陽物産株式会社
企業名 山陽物産株式会社
本社住所 〒791-3102 愛媛県伊予郡松前町北黒田176-1
電話番号 089-961-6668
業種 商社・メーカー
設立 1991年10月1日
代表者 武内 英治
資本金 1,000万円(1991年10月実績)
売上高 19億円(2015年9月実績)
従業員数 100名(パート社員含む)(2015年4月実績)
平均年齢 37歳(2015年8月実績)
事業所 愛媛県本社
中国上海駐在所
関連会社 グループ会社:山陽刷子株式会社・株式会社 サンヨーアメニティ
指定管理施設:花の森ホテル・フラワーハウス、遊栗館
先輩の卒業学校 愛媛大学、松山大学、阪南大学、東亜大学、四国学院大学、奈良女子大学、松山東雲女子大学
全員がチャレンジできる会社 社員にチャレンジさせてくれる会社です。その代表的な例が、全社員が商品企画に参加できるチャンスがあることです。新商品を開発するときは、事務や営業の垣根なく、全社員から新商品開発メンバーを募集します。今までも、社員による斬新なアイデアが多くのヒット商品を生み出してきました。商品開発のほかにも、仕事のスキルアップのために社外研修を受けたい、などなど、社員のチャレンジに対しては、快くGOサインを出してくれます。
社風 社長を含め、全員が同じフロアで働いています。全員の顔が見え、意見が交わしやすいアットホームな雰囲気です。この社風があるからこそ、社員の意見や小さな気づきを、社長や管理職の人が日々吸い上げ、即座に仕事に反映させています。実際に、これまで新卒で入社した社員の多くが、就職活動時に感じたこのアットホームな社風に惹かれて入社しています。
ブランド力 会社設立時からのメイン商品である歯ブラシはもちろん重要な売れ筋商品ですが、近年存在感を増しているのが、海外ブランドのホテルアメニティです。当社は、身近な百貨店で販売されているような有名化粧品ブランドのホテルライン(シャンプーなど)も取り扱っています。これらの商品は、高級ホテル向けのアメニティとして愛用されており、現在も売上が伸び続けています。日本で当社しか扱えないブランドがある、ということは、大きな強みだと自負しています。
地域とのつながりを大切に 当社の販売網は全国です。ですが、特に大切にしているのが、地元である愛媛とのつながりです。愛媛県内のお客様の元へは頻繁に足を運ぶことができます。そんな私たちにしか築けないお客様との関係があると思っています。お客様であるホテルにさまざまな情報を提供し、どうやったら宿泊するお客様に満足してもらえるか、どうやったら地元愛媛を盛り上げられるか、ということを、お客様と一緒に、真剣に考え、提案し続けています。
アジア圏への販売 当社は、2013年から海外への販売をスタートさせました。現在は、台湾とベトナムに商品を輸出しています。現段階では、まだまだ輸出の売上は大きくありませんが、今後も、急成長する東南アジアの市場へ、さらなる挑戦を続けていきます。
加盟団体 グループGM(フランス パリ)

私たち山陽物産は、山陽刷子(歯ブラシメーカー)の商事部門から分離独立し、「歯ブラシメーカー」から「ホテル用品全てを扱うメーカー機能を持った商社」へシフトチェンジをしてスタートをきりました。商品パッケージを統一し、シリーズ化することをホテル用品業界に最初に手掛けたのは、当社だと自負しています。今日まで、お客様の多様なニーズに応えるため「ホテル用品」全般を扱うメーカー機能を持つ商社へと発展し成長してきました。現在は、外資系高級ホテルにも、当社にて開発した商品が数多く利用されています。創業以来23期連続増収の実力をもって、私たちは、「日本一の会社になる」という高い目標を掲げ、社員一人ひとりの成長と共に歩んでいます。

企業PR

■企業理念
夢への挑戦

■当社の強み
当社は、創業から23期増収を続けています。当社の強みは、商品開発・企画営業・製造・倉庫管理までを全て自社で一貫して行えることです。一貫生産し、倉庫を自社で構えることによって、問題解決のための対応や事前チェックのスピードが増し、お客様から期待以上の評価をいただける仕組みが整うようになりました。現在では、愛媛県にある当社を含めた同業3社で全国シェアの6割を占めるほどになり、お取引先には、誰もが知っている有名ホテルや高級ホテルも多くあります。
企業理念「夢への挑戦」の「夢」とは、日本一になることです。山陽物産はこれからも、この夢に向かって、走り続けます。

先輩からのメッセージ

【営業2課 戸田 健太(2009年入社)】

■どこの県からUターン?≫山口県

地元での就職にこだわっていたわけではなく、就活時期には県外・県内問わず多くの企業の説明会に参加し、試験を受けました。そのうちの数社から内定を頂いたのですが、「本当に自分がやりたい仕事とは何か」を考え、迷っていたときに出会ったのが当社でした。会社のことを知るにつれ、この会社には自分のやりたいことがある!と感じ、頂いていた内定を辞退し、当社の選考を受けることに決めました。山陽物産という会社に惹かれた一番の理由は、「日本一を目指す」という大きな目標を堂々と掲げていることでした。入社して7年目になりますが、「日本一を目指す」会社の一員として、この目標を意識しながら働くと、毎日やる気が出ます。そして、地元である愛媛にいながら、全国に愛媛県の企業としての存在感をアピールできることが嬉しいです。当社は、私が入社した2009年に新卒採用をはじめました。そして今では、社員の半数近くが20代の若手社員です。そんな私たちが、会社を成長させなければならないと感じています。私たち若い世代が地元愛媛で働くことで、愛媛が活気づき、発展していくといいな、と思っています。

採用担当者からのメッセージ

みなさん、こんにちは。採用担当の石川です。みなさんにとって、地元で就職するのかどうか、というのは、将来を考えるうえでのひとつの大きなポイントになってくると思います。私自身、就職活動をしていたころは、企業を愛媛県内に絞らず、全国転勤がある企業もいくつか視野に入れていました。ですが、悩んだ末に「この仕事がしたい!この会社で働きたい!」と強く思った当社に入社し、大好きな愛媛で働くことができる今を、本当に幸せだと感じています。社会人になってみて、今まで知らなかった愛媛の企業に出会うことが多くありました。愛媛には、みなさんの知らない企業が意外とたくさんあるのかもしれませんね。愛媛での就職をお考えの方は、ぜひ、いろんな企業の情報をじっくり見てみてください。そこで、みなさんにとって素敵な出会いがあるといいな、と願っています。

【国際開発部 営業 石川 香純】